ネリコ日記

ただの日記です

2020-12-12(Sat)

晴れ。朝はおにぎりとサンドイッチ。昼はとろろそば。夜は宿飯。

起きたら夫氏はすでに英会話を終えていた。急いで準備をするがなれない化粧に手間取り電車を一本逃す。小田急から登山電車に乗り換え箱根湯本駅に到着。北千住行きの車両が止まってる。あんな遠くまで一本で行けるのか。意外と松戸に住んでたときのほうが来やすかったのかもしれない。宿のチェックインは15時からだが、地域共通クーポンだけでも早くもらえないかと思い電話しようとしたが、機械のお姉さんが説明をエンドレスリピートするのみで埒が明かず、バスに乗り宿に行ってみたのだけど、チェックインのときじゃないと渡せないらしく結局もらえなかった。チェックインまであと4時間。時間はたっぷりあるので駅まで歩いて一旦戻ることにした。道中、やたらと繁盛してそうなどでかい宿?の天成園に立ち寄り、日帰り入浴を楽しむ。建物の中はスーパー銭湯のようだ。飲食があって、庭があって、カモが泳いでる。体ホカホカ。歩き疲れて死んだ足首は残念なことに変化がない。ひねりに効くって書いてあったんだけどなー。ひねったわけじゃないからか?ずんずん歩く。駅近くまでくるとそれなりに栄えている。はつ花でとろろの温かいお蕎麦をお昼ごはんとして食べる。肉と悩んだけど夜飯に備えて軽めにした。夜部屋でやるようの酒とつまみを買って、再度バスに乗り込む。バス通りから宿の入り口の看板があるほうに下っていくとまず最初に現れるのは分譲マンションである。宿ではなく分譲マンション。その少し先に宿がある。ロビーでウェルカムドリンクの梅ジュースを飲み、部屋でチェックイン。クーポンもらえた。窓からの景色はHPの通りで、今はもう散ってしまったけれど、紅葉の季節だったら最高だっただろうなあ。夜の宿飯、もうこれがとにかく最初から最後まで全部おいしい。ただやっぱり多いのよ。土鍋で炊いた、ブリの炊き込みを一杯分残してしまったのが悔やまれる。料理には合わないのだけど梨園も美味い。腹がパンパンなまま風呂に直行。あまりの腹の出方に驚いた。完全なる妊婦である。太もものセルライトもすごい。老いたなぁ。軽く体を洗って温泉にゆっくり浸かる。もうそろ出ようかというところで立ちくらみからの痙攣。ヒートショック?気持ち悪いし、視界は真っ白だし、座ってるのすらきつくて、目の前の水すら届かなくて死ぬかと思った。少し落ち着いてから夫氏に迎えに来てもらって部屋まで連れ帰ってもらう。せっかくお酒とおつまみ買ったのにソファに倒れ込んでそのままばたんきゅー。